• メールで相談する
  • 電話で相談
クリニック経営に
役立つ節税知識
青色専従者給与とは? 家族へ給与を出す際のポイント 

青色専従者給与とは? 家族へ給与を出す際のポイント 

個人クリニックで、配偶者やその他親族がスタッフとして働くことは珍しくありません。 家族への給与を必要経費にすることは、課税逃れを防止するため制限されており、経費算入のためには「青色専従者給与」の届け出を行う必要があります。同制度の概要と節税に役立つポイントについて解説します。

小規模企業共済と国民年金基金 所得控除の効果

小規模企業共済と国民年金基金 所得控除の効果

個人クリニックの経営が軌道に乗り利益が上がってくると、気になるのが税負担。 無理なく確実な節税方法として、まず検討したいのが、公的な社会保障制度による所得控除です。

院長先生のクルマ なぜ新車より中古車なのか?

院長先生のクルマ なぜ新車より中古車なのか?

どのような事業においても、移動手段として事業用の車を持つことは多くあります。 税務の上で気になるのが、高額となる車の購入費用を、いかに早く、大きく経費計上するか。 機械などでも適用される減価償却の仕組みをおさらいしながら、車の購入費をうまく節税に使う方法について考えていきます。

MS法人とは? 設立のメリットとデメリット

MS法人とは? 設立のメリットとデメリット

節税のために設立される法人は医療法人だけではありません。 病医院でよく活用される手法としてMS(メディカル・サービス)法人と呼ばれる会社の設立があります。 MS法人とは何なのか、また、節税の観点を中心に、MS法人のメリット・デメリットなどについて考えてみたいと思います。

医療法人の決算日はいつがいいのか?

医療法人の決算日はいつがいいのか?

法人を設立する際、必ず考えておかなくてはならないことの一つが事業年度の開始と終わりの日。 年度終わりとなる決算日は、以後、法人として事業を行う上で重要な区切りとなります。深く考えずに決めてしまうことも多い決算日ですが、実は、節税の観点から重要になることがあるので、戦略的に設定したいところです。

クリニック・医院の法人化に必要な手続きは?

クリニック・医院の法人化に必要な手続きは?

医療法人の設立には、設立のための各種の手続きを行うことが必要になります。 医療行為を行う医療法人設立の手続きには一般の会社を作るときとは異なるハードルがあることに注意が必要です。 今回は、医療法人設立で実際に行われる手続きの内容、注意点等について解説していきます。

クリニック・医院の法人化の節税効果 メリット・デメリット

クリニック・医院の法人化の節税効果 メリット・デメリット

個人クリニックで経営が軌道に乗り、利益が大きくなってきた頃、多くの方が検討する節税方法として、医療法人の設立があります。 クリニックの節税の「王道」ともいえるこの手法に焦点を当て、なぜ法人設立が有利になるのか、またデメリットはないのか、といったことを解説します。

医院・クリニックは「簡易課税」で得をする?

医院・クリニックは「簡易課税」で得をする?

消費税の税額を計算するためには、受け取った消費税と支払った消費税の額を正確に計算する必要があり、実務はかなり複雑です。 そこで、消費税には、仕入税額の計算を簡単にできる簡易課税という方法があります。 節税としても有効なことがあるため、簡易課税制度の概要、ポイントを知っておきましょう。

医療機関の消費税は「損税」!?消費税の基本と仕組み

医療機関の消費税は「損税」!?消費税の基本と仕組み

毎日の生活で支払っている消費税は、もっとも身近な税金の一つ。 増税の話題など、関心の高い税金でもあります。消費税を負担するのは消費者ですが、経営を行う場合、消費税は「納める」税金となります。 今回は、事業を行う上で必要となる消費税の基本について、医療機関における特殊性を含めて解説していきます。

処分した医療機器の固定資産税 まだ支払っていませんか?

処分した医療機器の固定資産税 まだ支払っていませんか?

医療法人・クリニックの節税を考える際、所得税あるいは法人税など、利益(所得)に課されるもののほか、見落としがちなのが資産を所有することによって課税される固定資産税です。節税の余地が少なそうな税金ですが、医院経営では、本来の税額よりも余計に支払っている場合が多いという意外な事実があります。

医師にだけ認められた所得の計算方法がある!?

医師にだけ認められた所得の計算方法がある!?

所得税や法人税の税額は、売上から経費を引いた利益(所得)に税率をかけて計算します。 経費となるのは、材料費や家賃、人件費など、事業を行う上で実際に支出した金額ですが、ここで知っておきたいのが、医師にのみ認められる特別な経費の計算方法。この特例を使うことで、税額を大きく下げられることがあります。

100万円節税すると、413日分の診療報酬が確保できる?

100万円節税すると、413日分の診療報酬が確保できる?

個人クリニックの医師の皆様に節税のお話をする際、「多少の節税をしても、大したプラスの効果はないのでは?」という声をお聞きすることがあります。 「節税」をテーマとするコラムの導入として、まずクリニック経営において、節税を行うことがどれだけの好影響を及ぼすのか、ということを考えてみます。

事業計画書テンプレートダウンロード お問い合わせ・ご相談はこちら